もつ鍋は牛や豚の小腸や大腸などのホルモンを材料とした鍋料理で福岡市の郷土料理の一つとして有名で、今ではメディアで取り上げられることも増え、全国に広まり多くの人に親しまれています。このもつ鍋の起源についてですが、もともとはホルモンとニラをアルミ鍋で炊いたものがルーツとされています。

その後は鉄鍋ですき焼き風に食べられるようになり、今でも福岡市にある「万十屋」さんなどでは当時と変わらない甘辛いタレで作るすき焼き風のもつ鍋を食べることができます。
そういった変化を経て今では鰹や昆布などでとったダシにをとり、それにみそか醤油で味付けしたものの2種類が基本で、下処理したもつとニラ・キャベツ、臭みを消すためのニンニクや鷹の爪を入れたものが一般的です。



また最後にちゃんぽん?を入れて締めとする場合も多いです。

あなたにぴったりの博多のもつ鍋情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

ホルモンの栄養価は非常に高く、鉄分・ビタミンA・B群などが豊富に含まれています。

そして、コラーゲンも多く含まれており、鍋に入っている野菜と一緒に摂取することで効率よく体に取り入れることができます。コラーゲンは美容だけではなく、疲労回復やストレス解消などの効果もあるとされいます。


日頃不足しがちな栄養素が豊富に含まれており、なおかつ低カロリーということから、健康・美容面なども踏まえてもつ鍋は完全栄養食といわれることもあるくらいです。一時のブームも落ち着いたとはいえ、インターネットの普及により、取り寄せなども可能になっているので興味のある方は召し上がってみてはいかがでしょうか。

満足度の高いFC2まとめの優良サイトの情報を公開中です。

 
Copyright (C) 2016 もつ鍋についていろいろ All Rights Reserved.